スマートフォン・パソコンで保存

データとして残しておく

写真を残す方法では、プリントアウトしてアルバムに貼るなどの方法もありますが、最近は写真を印刷せずにデータとして残す人も増えています。データで残す方法では、スマートフォンやパソコンに保存する方法があります。大量の写真もコンパクトに保存できますし、画面を通じていつでも写真を見ることができます。ファイルを開けばすぐに写真を確認できますし、編集ソフトなどを利用して写真を加工しやすいこともメリットです。フォルダもイベントやテーマごとに分けておく、登場人物やペットごとに分けておくとより素早く写真を見つけられるようになります。便利な方法ですが、パソコンやスマートフォンが壊れると写真の復旧が難しくなるので対策はしておきたいところです。

バックアップを取っておこう

パソコンやスマートフォンが壊れると、大切な写真を一度に失うリスクもあります。もしもに備えて外付けハードディスクやCD-ROM、SDカードなどの別のメディアに写真をバックアップしておくこともおすすめです。最近は、クラウドサービスに写真を保管する人も増えていますので併用しておくとより安心です。クラウド上で自動的にバックアップしてくれますし、デバイスが故障しても影響を受ける心配もありません。低コストで利用できるのも人気の理由です。こうしたサービスもセキュリティ上のリスクやサービス終了の可能性もあるので、安心して利用できるサービスを選ぶことが大切です。最近はこうしたサービスも増えていますが、最大容量や機能には違いもありますので、じっくりと比較して選びましょう。